×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

営業ノウハウ解説!徹底実力UP

対面での営業について

対面での営業について

対面で営業を行うというのは、どの営業スタイルよりも、最も成約率があがる営業方法になります。

 

普段あなたは、どのような営業をされていますか?

 

笑顔と見た目がとても大切!

 

対面での営業を行う際に、まず基本中の基本、誰でも出来る事から説明をしますと、"笑顔"と"見た目(服装など)"は必ず良い印象を与える必要があります。

 

簡単な例をあげますと、話をしているのにまったく無表情な人から、物を購入したいと思う事はなかなかないと思います。

 

また、見た目(服装など)が怖いとか、不潔とかいうのはNGです。

 

怖い人からは早く離れたいですし、不潔な人がいくら商品の魅力を説明しても、その不潔さが商品価値を落としてしまう事になります。

 

このような理由から、まず誰でも出来る事の1つとして、営業中に笑顔を何回か出していったり、最低でも清潔感のある服装にするというのは、営業の基本中の基本になるかと思います。

 

5感に情報発信をせよ!

 

対面営業というのは、相手の5感(視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚)すべてに情報を与えていける営業です。

 

これが理由となり、営業の中でもっとも成約率をあげやすい営業スタイルとなります。

 

逆に1感にしか情報発信が出来ない電話営業と比べると、その成約率は格段に跳ね上がります。

 

では、対面営業の際、どのような事に注意して営業トークをしていけば良いのかを説明していきます。

 

基本的に、5感中何感に情報を伝達しているかという事がとても大切になります。

 

普通、対面営業の場合、その商品を相手に見せている事になるかと思います。

 

という事は、視覚から情報を受け取らせている状態となるわけですが、ここであなたの営業トークの出番です。

 

その商品を視覚からアピールし、更に相手の聴覚に対して営業トークで訴えかけていきます。

 

また、もしその商品ににおいがありそれが効果的な印象をもたらす場合、相手の嗅覚を刺激する事も出来ますので、しっかりと活用していく必要があります。

 

また、商品を目の前に見せる事が出来るのであれば、触角からも情報伝達を行う事が出来ますし、もしその商品に味があるものであれば、味覚からの情報伝達も可能です。

 

こう考えていく中で大切な事は、基本的な情報伝達は視覚と聴覚で行い、それ以外の3感というのは、その補助を果たすものだと考えるようにすると良いです。

 

触覚、味覚、嗅覚だけで商品を購入するケースももちろんありますが、それよりももっとも相手の購買欲求を沸かせる基礎になるものが視覚と聴覚です。

 

この2感を基礎とし、この2感に対して情報伝達を行う事により、それの補助として残りの3感を刺激してあげるわけです。

 

基礎は、視覚と聴覚に営業していく事!

 

そして、触覚、嗅覚、味覚への営業は補助伝達と捉えよう!

あなたも営業ホームページをきれいに作りませんか?



当サイトは、SIRIUSというホームページ作成ソフトを使って作成をしました。とてもきれいだと思いませんか?
実は、このようなきれいなホームページは、SIRIUSを使えばとても簡単に作成する事が出来てしまいます。
営業用ホームページなんてあったらいいな・・・と思っていても、ホームページをきれいに作成するのは難しいですし、専門業者に頼めばとても高い値段になってしまいます。しかし、このSIRIUSを使えば、何個でもあなたの営業ホームページをきれいに作成しても、SIRIUSソフト購入代金しかかかりません。

営業ノウハウ

相互リンクでSEO対策


対面での営業について関連ページ

電話での営業について
電話で営業をする際のノウハウを解説しています。
メール営業について
メール営業について解説をしています。
AIDCAの法則についての見解
AIDCAの法則についての見解を解説しています。
mixiなどのSNSでの営業について
mixiなどのSNSでの営業においての注意点などを説明しています。

営業ノウハウ


ホーム RSS購読 サイトマップ
訪問営業ノウハウについて TOP営業ノウハウについて 営業法則について テレアポノウハウについて